【台湾】「模擬東京オリンピック」バドミントン タイ・ツーイン (戴資穎) 女子 vs 男子 蔡杰皓 シングルス 東京2020オリンピック 模擬試合 模擬戦

  • 【台湾】「模擬東京オリンピック」バドミントン タイ・ツーイン (戴資穎) 女子 vs 男子 蔡杰皓 シングルス 東京2020オリンピック 模擬試合 模擬戦

  • Cutieplus

    メンバー
    2020年8月4日 - 9:45 AM
    ポイント: 338.3

    新型コロナウイルス対策で生活が様々な影響を受ける中、アスリートたちやコーチ陣が来年に延期されたオリンピックのため行ってきたトレーニングの成果を検証するため、台湾教育部体育署と運動訓練中心が8月1日より8日まで、東京オリンピックに向けた模擬大会を開催する。大会は台湾の選手同士が戦う形で行われる。会場は台湾南部・高雄市に位置するスポーツトレーニングセンターと桃園市にある公西射撃基地。

    行われるのは陸上、水泳、射撃、ボクシング、空手、体操、卓球、バドミントン、重量挙げ、テコンドー、柔道、アーチェリーの12競技。

    出場選手たちの陣容は強力で、オリンピックの代表候補と優秀なアスリートたちが集まる。リオ五輪の女子重量挙げで銅メダルを獲得した郭婞淳選手、女子バドミントンで世界ランキング1位の戴資穎(タイ・ツーイン)選手、男子バドミントンで世界ランキング2位の周天成選手、12位の王子維選手、リオ五輪でのアーチェリー女子団体で銅メダルを獲得した雷千瑩選手、世界体操競技選手権(2019年)の男子種目別あん馬で銀メダルを獲得した李智凱選手、2019年のユニバーシアードにおける鉄棒金メダリストの唐嘉鴻選手、男子卓球でまだ18歳ながら世界ランキング7位の林昀儒選手、ロンドン五輪4位の荘智淵選手、2018年に行われた射撃のワールドカップ女子エアライフル(10M)で優勝した林穎欣選手、2014年の世界射撃選手権女子エアピストル(10M)で銅メダルを獲得した呉佳穎選手、2018年のアジア大会水泳競技の男子バタフライ200M決勝に進出した王冠閎選手、陸上男子やり投げでアジア記録(91.36M)を持つ鄭兆村選手、陸上男子100Mで10.11秒の記録を持つ楊俊瀚選手ら、台湾のトップアスリートがこぞって出場する。

    模擬大会はバドミントン競技で幕を開ける。男子バドミントンで台湾トップの周天成選手ならびに王子維選手が登場するほか、男子ダブルスでは王齊麟/李洋、廖敏竣/蘇敬恒、楊博涵/盧敬堯、李哲輝/楊博軒の4組が対戦する予定。

    大会は無観客で開催されるが体育署では開催期間中の中継放送を計画、少なくとも65時間の放送を行うとしている。

    スピナーを読み込んでいます
Reply to: Cutieplus
あなたの情報:

Original Post
0 of 0 posts June 2018
Now